早漏の改善方法にはサプリ、精神・肉体的ケア、薬による改善方法などがあります。もちろん病院へ行って治療するという選択肢もありますが、多くの方は早漏であることにコンプレックスを持っています。そんな方に効果のある早漏改善方法をご紹介します。

包皮小帯切除術と処方薬が早漏対策になる

ペニスが一番刺激を受けやすいのは亀頭という事実はよく知られています。あまり知られていませんが、ペニスのある部分も亀頭の次に刺激を受けやすいと言われています。それは包皮小帯部です。よく裏筋と表現されることも多いです。ここを刺激されるのが好きという男性も多いでしょう。この部分を取り除くことで早漏改善策にもなります。

包皮小帯切除術といって手術によって取り除かれます。包茎手術よりも半額ほどの値段で受けることができますが、手術後の制約が多いのがデメリットになるでしょう。術後4日からシャワーが可能になり、2週間後から入浴やプールなどが可能になります。また1ヶ月間は性行為はもちろん、マスターベーションもできません。裏筋が感じやすいという男性は、包皮小帯切除術を検討すると早漏対策になるかもしれません。

また早漏対策は包皮小帯切除術だけではありません、処方薬も効果があります。主に射精への時間を延ばすことが目的の治療薬としての処方薬になります。早漏男性は、性的興奮を受ける物質に対抗する物質が少ないことから、射精が早くなると言われており、この対抗する物質を補う効果がある医薬品として処方されます。この処方薬は主に、早漏を取り扱っているクリニックで入手することが可能です。

処方されるクリニックを探すのが問題になる方もいるでしょう。あまり早漏外来という名目の科を見たことがないという人がほとんどでしょう。扱っているクリニックの数が少ないのが特徴ですが、都心部にあるクリニックであれば取り扱うところもあります。診察は至って単純であり、問診だけで終わりすぐに処方されますので、悩んでいる男性であれば相談することをおすすめします。