早漏の改善方法にはサプリ、精神・肉体的ケア、薬による改善方法などがあります。もちろん病院へ行って治療するという選択肢もありますが、多くの方は早漏であることにコンプレックスを持っています。そんな方に効果のある早漏改善方法をご紹介します。

早漏防止スプレーが爆発的に人気がある理由について

早漏とは、性行為の際に何らかの理由により、あまりにも早いタイミングで射精してしまうことを指します。日本人男性は遺伝子的な関係で、8割以上は早漏であるとも言われています。
その原因の中で最も多いとされているのが過敏性早漏で、皮膚や粘膜が敏感すぎるため、少々の刺激が加わっただけで射精してしまうといった症状が現れます。通常は性的刺激が脳内に送られ、射精中枢に伝達されることで射精に至りますが、過敏性早漏の場合は、脳内に刺激が伝達される前に射精中枢に刺激が届いてしまい、本人の意思や興奮度に関係なく、ほぼ反射的に射精してしまうという現象が起こってしまいます。どちらかというと経験の少ない若年層や、スポーツマンに多くみられる症状の一つです。
物理的な刺激に弱いタイプに有効な改善法の一つとして、早漏防止スプレーが爆発的な人気を誇っています。
早漏防止スプレーの使用法は、性行為の30分ほど前に2,3回陰茎に直接スプレーし、後は石鹸で洗い流すだけです。これだけで性交の初期段階での射精を抑制することが出来ます。これは成分に局部麻酔薬として使用されているリドカインが含まれているためで、陰茎部分に弱い麻酔効果を与えることによって感覚を鈍らせるという仕組みです。
スプレータイプの多くには、陰茎に爆発的な勃起力を与える作用があることも有名です。その効果は1、2時間持続すると言われています。
また、内服タイプのプリリジーなどには頭痛、めまい、吐き気、下痢などの副作用が存在しますが、スプレータイプであればその心配がありません。
早漏防止スプレーの爆発的人気の背景には、スプレーするだけという手軽さと、副作用の心配が少ないというメリットの存在が大きいと言えます。